不合格を引き受ける覚悟を持つ

MENU

子どもの頑張りを最大限サポートしてあげよう!

不合格を引き受ける覚悟を持つ

高校受験 不合格

 

高校受験は子供にとって高いハードルです。
そのプレッシャーは人生初めての経験かも知れません。

 

しかし、現実には第一志望に不合格という可能性は必ずついてまわります。

 

 

不合格イコール失敗ではない!

 

高校受験 不合格

何を言っているのだ?不合格は失敗ではないか!
と思われるかもしれませんが、
成功の反対が失敗ではありません。

 

受験に関してはただ流されて楽に合格するより、
懸命に高みを目指してその結果が仮に不合格だとしても、
本気で目指した事には大きな意味があるのです。

 

 

問題はアフターケア

 

目標高校があったとしても、それは最終的な着地点ではありません。
その先に大学あり、就職ありで、
あくまでも通過点なのです。

 

しかし、本人が受けるダメージは相当なものでしょう。
その時親も一緒におろおろしてはまるで駄目。

 

まず、事実をしっかり受け止める事。
そしてその後、最良の道を提案してあげること
が必要なのです。

 

受験生の親はいつでもその覚悟を持っていなくてはいけません。

 

 

失敗は成功の元

 

ありふれた言葉ですが、これほど真理をついた言葉はありません。
どうせ失敗など、数年後には「笑い話」

 

なにも努力しないで妥協した受験をするよりも、
長い目で見たならば、
チャレンジャブルの方がずっと人格形成に役立つのだな、
と経験上実感しています。

 

 

本気の覚悟は成功する率が高い

 

実際に土俵際まで追いつめられ、
本人、親が本気の覚悟を決めた時、
能力が驚く程発揮できる場面は多々目撃しています。

 

「全て受け入れる!」
この覚悟、実は成功の秘訣でもあるのですよ。

 

 

親の覚悟の好例

 

高校受験 不合格

推薦入学確実とある生徒の話です。

 

彼は推薦確実とされていたのにもかかわらず、
推薦を取り消しになってしまいました。

 

滑り止めの願書は提出していません。

 

選択肢は2つ

 

選択肢は・・・

 

  • 志望校を下げ安全策をとる
  • そのままの志望校で実力で入学する

 

この二つです。

 

そのままの志望校で受験すると、
点数的なリスクもあり、悩ましい状況でした。

 

もちろん本人は第一志望を望んでいます。
本人抜きで親とじっくり話しました。

 

親の覚悟

その親は、
「滑り止めを受験させなかったのは自分の責任であり、
仮に不合格であったら全力でサポートし浪人させてもいい」
そこまでの覚悟を吐露してくれました。

 

高校受験 不合格

親の本気度が伝わってきましたし、
浪人しても良いから第一志望に行かせてあげたい、
との覚悟を感じました。

 

塾としても進路が決まらない生徒を出すのは
大きな痛手になりますが、
親子の覚悟に乗ることにしたのです。

 

その後、この生徒の頑張りは目を見張るものがあり、
入試当日には思いもよらぬ高得点!

 

結果、見事合格を勝ち取りました。

 

この経験は彼を人間的にも大きく成長させたように思います。

 

 

こどもにぴったりのサービスが簡単にわかる!