MENU

子どもの頑張りを最大限サポートしてあげよう!

志望校は適切か?

高校受験 志望校

 

中学校に入学すると「志望校」の選択が求められます。

 

幼い頃や小学校でも志望高校の話題は上るでしょうが、
まだまだ現実的ではありません。

 

親が意識下に仕込む事はあっても、
本人にはそれほど届いていない場合が多いものです。

 

 

志望校決定は本人が基本

 

いくら親が望んでも決めるのは本人、
あくまでも親はアドバイスしかできないのだ・・・
という気持でいて下さい。

 

ではどういった事をアドバイスするか?

 

■将来を見据えているか?

 

子供はどうしても目先の事にとらわれがち、
生き方を決める最初の道しるべが高校です。
将来的な展望の必要性を伝えましょう。

 

■何に興味があるのか?

 

決定の材料としては重要ですね。
「何に興味があるか?」で前述の将来の展望にも繋がってくるのです。

 

高校受験 志望校

 

■ブランドも決定事項

 

見栄とは別に高校のブランド、つまり「憧れの高校に入る」ということは、
立派な動機につながります。
また、ブランド力のある高校は概ね優秀な高校が多いのです。

 

 

偏差値が足りないけれど・・・

 

■偏差値が足りない状況は当たり前

 

「中学入学当初から志望校の偏差値が充分足りている」
そんな例はむしろ少数だと思って下さい。

 

目標高校は偏差値が届いてないくらいが当たり前なのです。
問題は目標を決めたのなら、到達まで伸びる可能性がどれだけあるかです。

 

■成績の伸びを見極める

 

本人や親だけでは不十分なので、
先生や塾の講師に相談するのが良いでしょう。

 

高校受験 志望校

ただし先生の考え方により「冒険」を嫌ったり、
楽天的な考えの方がいるので、
見極めが重要です。

 

成績の伸びがはっきり結果に出るのは、
三年生の夏休み以降、
つまり、願書提出が近くなってからが多いです。

 

できるだけその前までに、ポテンシャルを把握しておきましょう。

 

■情報収集にはげむ

 

以上をふまえた上での志望校が決定したならば、
後はひたすら情報収集にはげむ事です。

 

  • HPを見る
  • 説明会に参加する
  • 先生に聞く
  • 先輩の親に聞く

 

方法はいくらでもあります。

 

 

こどもにぴったりのサービスが簡単にわかる!