MENU

子どもの頑張りを最大限サポートしてあげよう!

受験生の精神的支えになる

受験生の精神的支えになる記事一覧

中学校に入学すると「志望校」の選択が求められます。幼い頃や小学校でも志望高校の話題は上るでしょうが、まだまだ現実的ではありません。親が意識下に仕込む事はあっても、本人にはそれほど届いていない場合が多いものです。志望校決定は本人が基本いくら親が望んでも決めるのは本人、あくまでも親はアドバイスしかできないのだ・・・という気持でいて下さい。ではどういった事をアドバイスするか?■将来を見据えているか?子供...

反抗期は健全に育っている証拠であるけれど、受験を控えているとどうしても上手い対応ができないことも。反抗期を迎えた子供に対応するのはどうしたら良いでしょうか?受け止める気持で!小学生まではとても良好だったのに、中学生になると突然その関係がぎくしゃくします。反抗期の始まりです。鉄則は「おろおろしない事」まずは子供の変化を受け止め、見守り、力づくで元に戻そうとしない事です。しかし、子供の言葉に腹がたった...

高校受験は子供にとって高いハードルです。そのプレッシャーは人生初めての経験かも知れません。しかし、現実には第一志望に不合格という可能性は必ずついてまわります。不合格イコール失敗ではない!何を言っているのだ?不合格は失敗ではないか!と思われるかもしれませんが、成功の反対が失敗ではありません。受験に関してはただ流されて楽に合格するより、懸命に高みを目指してその結果が仮に不合格だとしても、本気で目指した...

家庭内で第一志望が一致していたとしても、学校や塾に反対される状況があります。もちろん最終的には本人の意思が尊重されるべきですが、学校や塾には家庭内にはない情報が豊富にあるのです。その情報に基づいた判断やアドバイスを知っておくためにも、面談には必ず出席して下さい。子供からの信頼感にも繋がります。仕事等でどうしても出席できなければ、最悪、電話でも構いません。学校の面談■学校は不合格者を出したくない!学...

受験は子供が行うものであり、時に親の願望とは違う方向へと進むかも知れません。合否がはっきりと形になる受験は、子供にとって相当なプレッシャーとストレスになります。そこで親子の足並みが揃わないと、受験に向かう子供はますます孤独な戦いを強いられるのです。子供の意思を尊重■子供の志に対し無理と思わない子供の志望校が難易度の高い高校で、今の実力ではかなり難しい・・・そんな状況だとつい「この高校のレベルはあな...

こどもにぴったりのサービスが簡単にわかる!