MENU

子どもの頑張りを最大限サポートしてあげよう!

計画をたて、学力向上

高校受験 計画

 

結果を求めるのならば「計画」ありき、
これは当然の事ですよね。

 

高校受験 計画

社会に出て仕事をする時も、
計画なき仕事には結果は伴いません。
社会人であれば経験済みだと思います。

 

しかし、相手はまだまだ中学生、
計画の重要性に気づいていない場合が多いです。

 

さらに計画を立てても立てっぱなし、
これでは計画を立てた意味がないのです。

 

そこで保護者の皆様に知っておいてもらいたいのは、
ビジネスの世界ではよく知られる、
「PLAN DO SEE」という考え方。

 

 

「PLAN DO SEE」とは?

 

PLAN(計画) DO(実行) SEE(見直し・検証)に分け、
立てた計画が実行できて結果につながっているかを、
確認する方法論です。

 

■PLAN

 

プランとはまさしく計画の事、
年計画・月計画・日計画の長期・短期計画を立てることが、
第一歩となります。

 

■DO

 

ドゥは計画した内容を実行する事、
勉強のメインの部分にあたります。

 

■SEE

 

シーは計画・内容の見直し、検証。
勉強内容が計画通りに進み、内容が伴っているかを、
確認する事です。

 

進行や内容が計画通りでなければ、
また再計画を立て、同じように繰り返すのです。

 

 

「PLAN DO SEE」の具体例

 

例えば「中間テスト」で考えてみましょう。
(二週間ほどの短期計画)

 

・「PLAN」では、目標点数や学習科目や内容、時間を決めます。
  問題集のページ数なども決められると更に良いと思います。

 

・「DO」は計画通りに学習を進めていきましょう。

 

・「SEE」では一日の見直し、内容や進行が計画通りなのかを検証し評価します。

 

計画通りに進んでいなければ、残りの日数を考え、
再計画を立てます。

 

また、テストが終わり結果が出たならば、
至らなかった箇所、良かった箇所を検証、評価し、
次の定期テストへの計画を立てるのです。

 

入試試験という長期計画の着地点まで、
このサイクルを繰り返し、目標突破を実現しましょう。

 

 

「PLAN DO SEE」を薦めるタイミング

 

上記にあるようにこの時期の子供たちは、
基本的に計画の重要性を分かっていない事が多いです。

 

そういった場合、親がその重要性を理解し、
伝えることが大切になります。

 

  • 中学入学時
  • 志望校が決まった時
  • テスト前
  • 結果が出なかったテスト後
  • 学年の変わり目

 

高校受験 計画

 

話をするタイミングは難しいですが、
実行できていなければ、子供の状態を考えながら、
真剣に薦めて下さい。

 

「PLAN DO SEE」が綿密に行われているならば、
結果は必ず伴います。結果が伴っていないとすると、
このサイクルのどこかに歪みが発生している
のです。

 

「PLAN DO SEE」勉強だけではなく、
色々な行動に適応できます。
家庭内でこのサイクルを浸透させておくことはとても重要なのです。

 

 

こどもにぴったりのサービスが簡単にわかる!