MENU

子どもの頑張りを最大限サポートしてあげよう!

試験の偏差値、どう見るか?

高校受験 偏差値

 

中学生になると、一気に難易度が増すテスト、
その点数を見てショックを受ける親が沢山いると思います。

 

比較的点数の取りやすい一年前半の定期テストで安心していたら、
いきなり学力テストで信じられないような低得点と取り、
あたふたしているうちに後半の定期テストでも思ったほどの点数ではない・・・

 

でもちょっと待って下さい!
テスト点数の正確な価値をご存じですか?

 

それは「素点(テストの点数)」ではなく「偏差値」なのです。

 

 

偏差値とは何か?

高校受験 偏差値

 

偏差値という言葉を聞いたことのない人はいないと思いますが、
偏差値とは何かというと、
テストにおける素点の価値を数値化したものです。

 

例えばあるテストで70点を取ったとします。
しかし平均点が40点と70点であれば同じ70点でも価値が違いますよね?

 

それを分かりやすく数値化したのが偏差値です。

 

 

偏差値で何が分かる?

 

高校のレベルを知りたいのならば、
この偏差値を基準にしなくてはなりません。
超難関高であれば偏差値65以上、難関進学校であれば偏差値60以上、
そこそこの進学校であれば偏差値55以上。

 

超難関高校 偏差値65以上
難関進学校 偏差値60以上
平均的な進学校 偏差値55以上

 

 

おおよその抑え方はこういった感じになります。

 

 

偏差値を知ろう

 

学校の定期テストで偏差値を出すことはまずないでしょう。
学力テストとて出さない場合が多いです。

 

高校受験 偏差値

ではどうやって偏差値を知るか?

 

偏差値の求め方を利用したり、
(かなりややこしい)
先生に頼み込んでみるのもありですが、
手っ取り早いのは、塾で行っている模試を受けること。

 

塾に通っていなくても
フリーで受けられる模試が必ずありますので、
積極的に受けて下さい。

 

模試を受けることで、偏差値を知り、
入試に近い形式のテスト経験ができます。

 

模試を受けることは良い事ばかりなのです。

 

 

こどもにぴったりのサービスが簡単にわかる!