MENU

子どもの頑張りを最大限サポートしてあげよう!

合格を決める内申点

高校受験 内申点

 

内申点についてお話しします。

 

内申点については皆さん聞いたことはあるでしょうが、
「なんとなく重要・・・」と感じていても具体的にどう影響するのかを、
はっきりと把握していない方が多数いると思います。
(実際、面談でお話するとそういった方が多い)

 

 

内申点の役割と決め方

 

■内申点の役割

 

通常、高校の合否は入試試験と内申点の合計で決定されます。
そして多くの場合、その比率は五分五分、
つまり内申点は試験同様の重要な要素となるわけです。

 

■内申点はどう決められるか?

高校受験 内申点

  • 主な決定要素は定期テストの結果
  • 単元テスト
  • 宿題などの提出物
  • 授業態度
  • 芸能教科は実技

 

受験は中学一年生から始まっている!というのはこういう事なのですね。

 

内申点の計算方法は各都道府県で異なりますので、
各自学校や塾で尋ねてみて下さい。
ネットでも簡単に検索できます。

 

 

内申点における注意点

 

■芸能教科の影響

 

内申点で注意すべき事では、
主要五教科の他にも芸能教科という要素が加わる事です。

 

芸能教科の場合、実技が評定に関わりますので、
努力だけではカバーできない側面がありますが、
もちろんペーパーテストや授業態度も大きく影響します。

 

■内申点の不足

 

 

「主要五教科は問題なけれど、芸能教科が良くないので、
目標の高校はあきらめた方がいいのだろうか・・・」

 

 

「テストの点数は良いのだけれど、先生達への印象が悪く、
内申点が低い・・・」

 

そんな状況や心配を持つ場合もあろうかと思います。

 

しかしながら高校によっては、傾斜比率といって
内申点よりも当日の入試を重視する枠が設けられています。

(高校によって比率は変わります)

 

ですから内申点が良くないからといって、すぐに目標校を諦めるのは早計です。

 

また私立の進学校などは、それほど高い内申点は必要ない事もあります。

 

内申点は高ければ高いほど有利になるのは間違いありませんが、
内申点が良くなくても目標高校を突破する道はあるのです。

 

 

こどもにぴったりのサービスが簡単にわかる!