学習の内容に口出すと成績ダウン

MENU

子どもの頑張りを最大限サポートしてあげよう!

学習の内容に口出すと成績ダウン

高校受験 学習

 

普通だと中学生レベルになると、
学習内容についてあれこれ教えられる事は少なくなりますね。

 

しかし、まだまだ知識的には親の方が上のジャンルもあり(例えば国語とか)、
つい口出ししてしまう方もいるのではないでしょうか。

 

 

教えるのが駄目な理由!

 

■親は教えるのが下手だと知るべし

 

いくら優秀な教師といえども、
我が子に対して勉強を教えるとダメダメになります。

 

距離が近すぎるのですね。

 

よってお互い冷静な判断ができず、
感情的になってしまう
のです。

 

■子供の自立学習を損なう

 

高校受験 学習

あなたが充分な教養や指導力を持ち、
子供からも絶大な信頼を寄せられているとします。

 

あなたの教えに素直に従い、
先生や塾の講師よりも分かりやすい!と言っている・・・

 

それでも長い目でみると親が教えると弊害があります。

 

それは「自立した学習」ができなくなること。
行き詰まった時や伸び悩んだ時、
自力で突破する力が著しく削がれる
のです。

 

経験上こういった子供たちは、問題解決能力がなく、
土壇場で力を発揮できない場合が多いです。

 

 

家庭で教えること

 

では家庭では子供に教える事などないのかというと、
それは大きな間違い。

 

モラルや生き方、困難を乗り越える力はほぼ家庭内で学習すると思って下さい。

 

学校や塾で勉強する時間の数パーセントの時間でも、
親子で会話する内容は、とてつもなく重要なのです。

 

テストの結果にすぐ表れるという事はないけれど、
毎日数分会話する事が、学力向上に大きく影響を及ぼす事もあるのです。

 

 

こどもにぴったりのサービスが簡単にわかる!