MENU

子どもの頑張りを最大限サポートしてあげよう!

家庭教師も活用しよう

高校受験における家庭教師の有効性は、塾同様に高まっています。
まだ塾ほどは活用されていはいませんが、
以下のような4つのおすすめポイントがあります。

 

時間や体力のムダが無い

どこかに通う必要がありませんから、移動時間はゼロです。
遠くの塾に通う場合、電車やバスを使うこともありますよね?
移動する労力は、勉強への労力に使われるのが、高校受験では理想的です。
また家庭教師なら、電車やバスで何らかのウイルスをもらってしまうリスクもありません。

 

 

勉強する環境がいつも通り

いつもの自室で勉強できますから、大手塾に通う場合に特に心配な、
「友達と会うという勉強以外の動機」が生まれず、おしゃべりの誘惑がありません。
また、知らない場所になかなか慣れない性格のお子さんにとっては、
やはり自分の部屋でリラックス出来ることが、勉強に集中できる大事な条件です。

 

 

子供ひとりひとりに合わせた授業内容

これが一番の特徴でですね。
担当する子供の志望校合格だけが、家庭教師の仕事ですから、

  • 子供の性格の把握
  • その子だけの学習計画を立てられる
  • 分からないところは分かるまで教える
  • 弱点は徹底的に練習

こうしたことが、大きなメリットとしてあげられます。
塾と違い、他の子達の事情に振り回されませんから。

 

子供の性格の把握

子供の性格を把握する、きめ細やかなサポートは、
複数の子達をみなければならない塾では、やはり無理です。
ひとりひとりの性格に合った教え方こそ、
勉強のモチベーションを最大限に上げられます。

 

その子だけの学習計画

計画をたて、学力向上で申し上げたとおり、学習計画はとても重要です。
ひとりでは難しい「PLAN」での"目標点数や学習科目や内容、時間の決定"は、
家庭教師が客観的に設定したほうが、効果的です。

 

分からないところは分かるまで教える

分からなかったことが分かるようになると、
日々の勉強に手ごたえを感じられるようになります。
それで、学校での勉強意欲やテストの点数も上がれば、
内申点も良くなりますよね。

 

弱点は徹底的に練習

何回も繰り返し練習する頑張りは、受験勉強への自信につながります。
どんな少人数な塾でも、1人のための繰り返しは限度があります。
それでは完全に弱点は克服はできず、子供にも不安が残ります。
家庭教師はマンツーマン、納得するまで勉強に打ち込めます。

 

 

親との距離が近い

家庭教師には、勉強の進捗状況や子供の様子を随時聞くことができます。
日々の子供の気持ちを把握することは、精神的支えになる一歩です。
また、そうした会話の中で、担当の家庭教師がどんな人物かも分かりますね。

 

 

家庭教師の選び方の3つのポイント

家庭教師のメリットが分かったところで、
具体的な家庭教師の選び方を教えます。

 

実績がしっかりしているか

どんなに勉強ができる人でも、その人が子供に勉強を教えるのが上手かは、別の話です。
家庭教師の世界は、結構口コミが大事で、
やはり口コミや噂で評価が高い、個人や家庭教師センターは、長続きしています。
10年以上は続いているところを選ぶのを、おすすめします。

 

明朗会計か

できるだけ細かい見積もりをしてくれる、個人やセンターを選びましょう。
そして、見積もり以外に大きく費用が変わらない、明朗会計かどうかも聞きましょう。
契約してから、何かと理由を付けてお金を払わせようとするセンターもあるそうです。
お金が高くなったからと言って、途中で家庭教師はやめられませんよね!

 

成績アップに直結する体制か

実績ある家庭教師陣を揃えているかと同様に、
スタッフ陣が、担当の子供ひとりひとりに、きめ細かいフォローをしているかも大切です。
そのためには、各スタッフが受け持つ子供は、やはり少人数が望ましいですね。

 

有能な家庭教師と、少人数を受け持つスタッフとの、
きめ細やかで迅速な連携体制が、志望校合格の鍵です。

 

 

人気のある少人数担当性の家庭教師センター

上記のポイントを満たしているところを基準に探していけば、
きっとよい家庭教師にめぐり逢えると思います。

 

下記のサービスは複数の家庭教師サービスを簡単に比較できるので、
検討している人は、試してみるといいです。

 

塾探し(家庭教師特集)

 

 

家庭教師はいくらよい先生でも、お子さんに合う、合わないもあるので、
とりあえず、体験、見学をして、お子さんに合うか、
確認してみることが大事です。

 

 

 

 

 

こどもにぴったりのサービスが簡単にわかる!